公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

調査研究事業


調査研究事業ー(4)成果の公表



調査研究の成果の公表について


 (公財)日本自動車輸送技術協会では、機関誌「調査研究だより」を年に3回(1月、4月、10月)に発行し、賛助会員の皆様に郵送でお届けして、当協会の
活動状況や成果等を
お知らせしています。
 また使用管理員会・環境安全対策委員会の合同委員会では、前年度のうちに調査研究のテーマを決定し、これに基づいて当該年度に実施した調査研究
の成果は、「調査報告書」にまとめて、賛助会員ならびにアンケート調査等にご協力いただいた事業者等にお届けしております。
 なお、この調査報告書(全体版)につきましては、賛助会員であれば当協会のホームページの会員専用ページから無料でダウンロードできます。
ちなみに報告書の概要版の方は、このページの下段にある「調査研究の成果(概要)の紹介」から、どなたでも無料でダウンロードすることができます。



調査研究の進め方及び取りまとめのイメージ



  最近5ヶ年の調査研究テーマと成果報告書(概要版)

平成28年度:デジタル運行記録計等の使用実態調査結果について PDF
平成27年度:運行三費の動向と低減策等に関する実態調査結果について PDF
平成26年度:ディーゼルエンジンのオイル使用管理と故障原因に関する実態調査結果について PDF
平成25年度:タイヤ使用管理の実態調査結果について PDF
平成24年度:車両の死角低減装置に関する調査結果について PDF

 各年度の成果報告書の全体版(フルペーパー)につきましては、会員専用ページからご覧いただくことができます。

    JATAの賛助会員になりますと、イベント情報や成果資料等が得られる各種の特典があります→