シャシダイナモメータは上図のような形で、試験車が実路走行した時と同等の走行抵抗(ころがり抵抗+空気抵抗)及び加減速時の慣性抵抗が試験車の駆動輪に与えられるように動力計の負荷を自動制御します。

 加減速を伴う燃費・排出ガス試験用の走行モード運転の場合は、特に40km/h以下の速度域においては、右図に示すように慣性抵抗の方が走行抵抗(ころがり抵抗+空気抵抗)に比べて圧倒的に大きくなることがわかります。

 (右図の計算例は、10モード運転時)

 実路で測定された走行抵抗は、4輪回転時のころがり抵抗および空気抵抗の合計です。この試験車(下図の例示はFF駆動の2WD車)をシャシダイナモで運転する際は、このままでは空気抵抗及び非駆動輪側のころがり抵抗が全く作用しないので、実路の目標走行抵抗とシャシダイナモ上の駆動輪のころがり抵抗の差分CHDYをシャシダイナモ側の電気動力計が試験車に加えます。(下図参照)

 負荷設定を行う際は、現行の排出ガス・燃費の規定ではまず下図のように試験車をテストコースで走らせて、試験車ごとに各車速域での走行抵抗を測定します。具体的には以下のような惰行試験を行って走行抵抗(ころがり抵抗と空気抵抗の合計)を測定し、その値を無風、標準大気状態(1気圧、20℃)での値に補正して、シャシダイナモメータ試験に設定する目標走行抵抗を求めます。
2.モード試験におけるシャシダイナモメータの負荷制御

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

技術解説

技術解説ーシャシダイナモメータによる車両評価2
                                        シャシダイナモ試験をJATAに委託するには
       <前ページに戻る 789  次頁へ進む

























































         <前ページに戻る 789  次頁へ進む
       
       
JATAお問い合わせ先 代表番号、試験実施予定について、車両登録関連の各種試験、受託試験・請負業務のお問い合わせ先は異なりますので番号をお確かめのうえお間違えのないようおかけください。