JATA昭島研究室における2WDシャシダイナモメータ試験(FF車)の記録動画は、
  →こちらをクリックするとご覧頂くことができます。
 4WD車では、動力配分すなわち前後の駆動輪に伝わるエンジンの力が4WDの機構や運転条件によって異なってきます。4WDシャシダイナモでは、前後の駆動輪の発生力に応じて、前後動力計の吸収負荷の比率を即時に変え、かつ前後の合計値が目標の走行抵抗(転がり抵抗+空気抵抗+慣性抵抗)に一致させる制御が行われるのが普通です。同時に前後のローラの回転速度を一致させる制御も行っています。この制御状態に狂いが生じると、試験車側に余計な負荷が加わるため、燃費を正確に測定することができません。

 4WD車を4駆状態のままで試験できるのが4WDシャシダイナモメータです。また2WD車であっても、実走行時と同じ4輪回転状態にして試験できます。このシャシダイナモメータは、下右図のように回転ローラと電気動力計の組み合わせで前後各輪用に2セット備えます。シャシダイナモメータの前後のローラは、試験車から見ると路面の代わりをするものなので、両方のローラの回転速度が同じになるように制御しなければなりません。ただ前後のローラの回転軸が機械的に結合されている訳ではなくて、2台の動力計のトルクと回転を複合的に精密制御することで、正確な回転同期を行っています。なお4WDで試験する際は、4輪とも回転できる状態で車体を拘束(固縛)することが、車両飛び出し防止のために必要となります。

 

4WD
②4WD車用シャシダイナモメータ

 電子制御化の進んだ最近の車では、走行時に前後輪のいずれかが全く回転していない状態は車が異常事態であると車側の電子回路が判定して、通常の走行をできなくさせるエラーモードにするように設計された車両が増えています。こうした車の場合はこの異常判定を解除する仕組みを知らないと、2WD車用のシャシダイナモメータでは排出ガス試験等ができなくなります。
(一般的には、その車の製造メーカー以外ではこのエラー発生機能を解除することが困難です)

 そこでJATAでは、この種の2WD車を試験する場合は、4WDシャシダイナモメータを使って試験を行います。この時は、非駆動輪側のローラを駆動輪側と同期回転させる特殊な制御モードにすることにより、4輪回転状態で車を試験します。この制御では、非駆動輪側のローラを回転させるための動力計の回転力を検出して、これと同等の力を前輪側の抵抗力に自動的に加算させることにより、実走行時と同等の走行抵抗が駆動輪に加わる制御モードを使用して試験します。
 なお、単純に非駆動輪の回転を駆動輪の回転速度に追従させるだけの制御モードも選ぶことができます。この時は、駆動輪側の転がり抵抗は実路走行で測定した値(4輪分)に設定するのが原則です。

①2WD車用シャシダイナモメータ

 前輪または後輪のみをローラ上に設置する2WD車用のシャシダイナモメータ設備です。なお、このシャシダイナモメータを使って4WD車の排出ガス試験等を行うこともありますが、その際は、4WD車を2輪駆動状態に改造して試験を行うことになります。2WD専用シャシダイナモメータは、回転ローラとそれに連結した電気動力計が1組のセットで構成されます。台上運転中に試験車が前方に飛び出すことを防止することが安全上必要ですが、そのための機構として、非駆動輪のタイヤをベルトで巻き付けて床に固定する等の処置を行い試験車を確実に固定します。このシャシダイナモ試験では、非駆動輪は非回転となりますが、実路走行時は4輪が回転しているため、非駆動側のタイヤや軸等の回転慣性が作用するので、エンジン負荷に加算されます。この点で2WDシャシダイナモの試験では、実走行時と多少の差が生じます。一方、非駆動輪側のころがり抵抗は、実路試験で4輪が回転している条件で測定した走行抵抗がシャシダイナモに設定され、これが駆動輪側に付加されるため、エンジンの負荷としては実路走行と同等になります。

 2WDシャシダイナモメータでFF車を試験する時には、下図に示すよう車両を後側に下げて前輪をシャシダイナモのローラに載せます。その分だけ前方の車両冷却ファンを車側に前進させて、試験車との距離を一定にします。また走行中は、前輪が固定されていないので左右にぶれやすく、このままでは危険なので、チェーン等で車体の左右への動きを抑止します。一方FR車の試験では、後輪をローラの載せるため、送風吹き出し口と車両との間隔がFF車と同じになるように、冷却ファンの位置はFF時よりも後退させます。こうした設置位置の問題から、ローラの前後に車両長以上のスペースを確保し、さらにCVS装置への排気導入管もこれに合わせた長さを確保しておく必要があります。


(2)試験車の駆動方式に対応したシャシダイナモの種別

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

技術解説

技術解説ーシャシダイナモメータによる車両評価4
                                         シャシダイナモ試験をJATAに委託するには
       <前ページに戻る 789  次頁へ進む





























































    












 


       <前ページに戻る 789  次頁へ進む